ログイン    
 + Register
勝手にお知らせ : 自宅サーバー停止に関して
投稿者 シグナル湘南 on 2014-2-9 21:10:00 (776 reads)

2月1日~2月9日のでWebサーバーが停止していました。

2月1日
 マザーボードのBIOSをアップデートしたらFedora18が起動しなくなった。
 ハードディスクのブートセクターの認識ができなくなってしまったようだ。

 同マザーボードで別のハードディスクにFedora18をインストールしたが、やはり同じ症状で起動できない。
 今回のBIOSアップデート以外に勝手に再起動する症状があり、CPUやメモリーの装着をやり直してからは再起動の症状が出なくなってきたのだが、
 調子が悪いので別のシステムを調達していたのだが、予備機を完成していないにも関わらず、不用意に動作機のBIOSをアップデートしてしまった。

2月2~7日
 試したこと同マザーボードにて別のハードディスクに
  ①Fedora18を新規インストールするが起動できない。
  ②Fedora20を新規インストールするが起動できない。
  ③CentOS6.5を新規インストールで正常に起動できる。

2月8日
 CentOS6.5でXOOPSを構築できた! あと少しで完了と言うところで、大雪による停電・・・
 停電は20秒程で復旧したが、Mysqlの起動時に「unix socketエラー」が出でXOOPSが起動できなくなり、
 検索で原因を見つけようとしたが、この際だから、再インストールすることにした。

2月9日
 何とかXOOPSが起動するところまで出来ました。
 後はデータを復旧するだけとなり、自動バックアップで毎日NASにコピーしているが、
 ハードディスクがクラッシュしていないので停止直前のデータをハードディスクから抜き出したいと思い試行錯誤した結果、
 Fedora18 Liveから起動し、rootでログインすると目的のデータを外付けのUSBハードディスクにコピーすることができました。
 CentOS6.5やKNOPPIX 7.0.2で起動できないハードディスクをSATAとUSB接続したがLVMを認識できなくデータを見ることができなかった。

前へ - 次へ
コメントの権利は投稿者にあります。私たちは投稿されたコメントに責任を持つことはできません。