ログイン    
 + Register
ヒント/トップ  >  XOOPS  >  XOOPS 2.4.4 モジュール設定 (Fedora 12)

更新日 2010/04/09

 XOOPS 2.4.4 モジュール設定 (Fedora 12)
 XOOPS 2.4.4 での動作環境
(1) 推奨Webサーバ : PHPが動作する様々なWebサーバ (Apache 推奨)
(2) データベース : MySQL 3.23 以降 (MySQL 5.0 以降推奨)
(3) PHP : PHP 4.3 以降 (PHP 5 推奨)

 以下は、私の環境下で行った作業です。
(1)  クライアント用パソコン Windows 7 ( 利用するソフト : FFFTP , IE , HTMLエディタ , テキストエディタ )
(2)  Webサーバ用パソコン Linux Fedora 12 x86_64 (Apache2.2.x , PHP5.3.x , Mysql , Postfix , FTPなど )
(3)  Webサーバに、ユーザー登録がされていること。( 例: user1 )
(4)  Windows と Linux はネットワークで接続されていて FTP 接続ができること。
(5)  Webサーバ(Apache)が設定され、フォルダのアクセス権がユーザーにされていること。
 ( 例: DocumentRoot "/var/www/html" )
(6)  モジュールについては、CMSの違いにより正常に動作しなかったり、おかしな動きをします。
 下記のモジュールは、多少の動作におかしな動きがあるが運用に差し支えないので利用しました。また、手を加えないと素直に動作しないので参考まで...
 
 作業:クライアント側(Windows)で行う
(1)  WindowsでXOOPS 2.4.4 (xoops-2.4.4-japanese_utf-8.zip 又は最新版) のzip版をダウンロードする。
(2)  任意のフォルダに解凍します。
 
 コンテンツマネジメントシステム(Content Management System,CMS)本体
 xoops 2.4.4  オリジナルのダウンロード先  日本語サポートページ
 モジュール  モジュールのインストール先フォルダ名がXOOPS Cube 用に設定されている為、読み替える
 ルート  htmlhtdocs  XOOPS Cube 用に設定の為
 D3 フォルダ名  xoops_trust_pathxoops_lib  XOOPS Cube 用に設定の為
 
 XOOPS 2.4.4 バグの修正

      (1)

 [ htdocs/class/calendar/JSCal2/JSCal2/src/js/lang/jp.js ] の[ jp.js ] を [ ja.js ] に名前を変更する。
   

      (2)
 

 [ htdocs/modules/system/class/gui/oxygen/js/formenu.js ] で「エラーメッセージ: オブジェクトがありません。」と出る為
 formenu.js  htdocs/modules/system/class/gui/oxygen/js/formenu.js
 修正パッチ   startList = function() {
 if (document.all&&document.getElementById) {
 navRoot = document.getElementById("nav");
 if (navRoot)
 for (i=0; i<navRoot.childNodes.length; i++) {
 node = navRoot.childNodes[i];
 if (node.nodeName=="li") {
 node.onmouseover=function() {
 this.className+=" over";
   }
 node.onmouseout=function() {
 this.className=this.className.replace(" over", "");
    }
   }
  }
 }
}
xoopsOnloadEvent(startList);



 if (navRoot) 追加
   

      (3)

ユーザー登録の確認メールが正常に表示されない。
 [ htdocs\language\japanese\mail_template\welcome.tpl ]
 welcome.tpl   X_UNAME} さんへ

{X_SITENAME} で、登録が確認出来ました。
今後は登録ユーザー {X_UNAME} としてお楽しみ下さい。

いつでもご訪問頂けますと幸いです。

{X_SITENAME}: {X_SITEURL}

{TERMSOFUSE}

もし、登録した覚えがない場合は、お手数ですが、
{X_ADMINMAIL} までご連絡下されば対応させて頂きます。

-----------
{SITENAME} ({SITEURL}))
管理者
{ADMINMAIL}
{X_UNAME} 「{」の追加














{SITENAME} ({SITEURL})「)」の削除
   

      (4)

ユーザー登録の確認メールが正常に表示されない。
 [ htdocs\language\japanese\mail_template\activated.tpl ]
 activated.tpl   {X_UNAME} さんへ

{SITENAME} の登録ユーザーアカウントが管理者により承認されました

登録時に指定したパスワードを使用して下の URL よりログインしてください

{SITEURL}user.php

-----------
{SITENAME} ({SITEURL}))
管理者
{ADMINMAIL}









{SITENAME} ({SITEURL})
「)」の削除
 
 モジュールのダウンロード(任意)
 モジュール名  リリース日  カテゴリー  オリジナルダウンロードリンク
 altsys 0.71a  2008/12/22  システム管理  ダウンロード先&インストール説明
 WebMail 1.7  2010/01/15  ブラウザでメールを読む  ダウンロード先&インストール説明
 logcounterx 2.73  2009/09/21  ログカウンター  ダウンロード先&インストール説明
 tellafriend 1.05  2008/12/08  記事を友達に知らせるメールフォーム  ダウンロード先&インストール説明
 d3diary 0.05  2009/08/30  ブログ  ダウンロード先&インストール説明
 pico 1.8d  2009/09/27  汎用静的コンテンツ  ダウンロード先&インストール説明
 FCKeditor 2.5.1  2009/11/11  エディタ  ダウンロード先&インストール説明
 news 1.64  2010/03/13  ニュース  ダウンロード先
 
 モジュールの修正
 モジュール名  修正箇所  理由
 altsys 0.71a  xoops_trust_path\libs\altsys\language\japanese を削除
 xoops_trust_path\libs\altsys\language\ja_utf8japanese に名前変更
 
 XOOPS 2.4.4 の初期値
 \japaneseがUTF8の為
 WebMail 1.7  modules\WebMail\language\japanese
 フォルダ内の *.php ファイル EUC-JP → UTF-8 に変換が必要
 
 XOOPS 2.4.4 の初期値
 \japaneseがUTF8の為
mailheader.php
33行
37行
38行
 

 ini_set("default_charset","EUC-JP"); 
 ini_set("mbstring.http_output","EUC-JP");
 ini_set("mbstring.internal_encoding","EUC-JP");
 
 \WebMail\mailheader.php
 アカウント一覧で文字化けします。
 EUC-JPUTF-8
readmail.php
246行

272行
274行
332行
334行
 

 $filename = mb_convert_encoding($message[$j][$i]["attachments"], "EUC-JP", "AUTO");
 $res = mb_convert_encoding($res,"EUC-JP","JIS");
 $res = mb_convert_encoding($res,"EUC-JP","AUTO");
 $res = mb_convert_encoding($res,"EUC-JP","JIS");
 $res = mb_convert_encoding($res,"EUC-JP","AUTO");
 
 \WebMail\readmail.php
 受信トレイの表示で文字化けします。
 EUC-JPUTF-8
mailattach.php
62行
 

 $userfile_name = mb_convert_encoding($userfile_name, "EUC-JP", "auto");
 
 \WebMail\mailattach.php
 不明 EUC-JPUTF-8
index.php
153行

 $body = mb_convert_encoding($list["body"], "EUC-JP", "auto");
 
 \WebMail\index.php
 プレビューで文字化けします。
 EUC-JPUTF-8
 logcounterx 2.73  modules\logcounterx\language\japanese を削除
 modules\logcounterx\language\ja_utf8japanese に名前変更
 
 XOOPS 2.4.4 の初期値
 \japaneseがUTF8の為
 tellafriend 1.05  modules\tellafriend\language\japanese を削除
 modules\tellafriend\language\ja_utf8japanese に名前変更
 
 pico で「友達に紹介するリンクを表示する」が有効な場合に、このモジュールを使用する。
 XOOPS 2.4.4 の初期値
 \japaneseがUTF8の為
 d3diary 0.05  trust\modules\d3diary\language\japanese を削除
 trust\modules\d3diary\language\ja_utf8japanese に名前変更
 
 XOOPS 2.4.4 の初期値
 \japaneseがUTF8の為

block_diarylist.html
 

 新着日記/ブログ
 7行 <table><tr><td style="width:120px;white-space:nowrap;" rowspan=2>
trust\modules\d3diary\templates
 IEでプレビュー画像の上の日付が2行になる為、
 [width:120px] → [width:130px] に変更

diarylist.html
 

 日記一覧
 43行 <table><tr><td style="width:120px;white-space:nowrap;" rowspan=2>
trust\modules\d3diary\templates
 IEでプレビュー画像の上の日付が2行になる為、
 [width:120px] → [width:130px] に変更
 pico 1.8d  xoops_trust_path\modules\pico\language\japanese を削除
 xoops_trust_path\modules\pico\language\ja_utf8japanese に名前変更
 
 XOOPS 2.4.4 の初期値
 \japaneseがUTF8の為
 FCKeditor 2.5.1  修正なし  pico の標準エディタ設定で
 正常な表示が出来ない為、このエディタを使用することにしました。
 news 1.64  記事の「印刷用ページ」「このニュースを友達に送る」「記事をPDFにする」が文字化けする為、使用しないので削除しました。  xoops 2.3 対応

news_archive.html
21行


 <td><{$story.title}></td><td align="center"><a href="<{$story.print_link}>" rel="nofollow"><img src="<{$xoops_url}>/modules/news/images/print.gif" border="0" alt="<{$lang_printer}>" /></a> <a href="<{$story.mail_link}>" target="_top" /><img src="<{$xoops_url}>/modules/news/images/friend.gif" border="0" alt="<{$lang_sendstory}>" /></a></td><td align="center"><{$story.counter}></td><td align="center"><{$story.date}></td>
 \news\templates\
 青文字を削除

news_article.html
20行


 <{if $nav_links}><{if $previous_story_id != -1}><a href='<{$xoops_url}>/modules/news/article.php?storyid=<{$previous_story_id}>' title="<{$previous_story_title}>"><{$lang_previous_story}></a> - <{/if}><{if $next_story_id!= -1}><a href='<{$xoops_url}>/modules/news/article.php?storyid=<{$next_story_id}>' title="<{$next_story_title}>"><{$lang_next_story}></a><{/if}><{/if}> <a href="<{$xoops_url}>/modules/news/print.php?storyid=<{$story.id}>" rel="nofollow" title="<{$lang_printerpage}>"><img src="<{$xoops_url}>/modules/news/images/print.gif" border="0" alt="<{$lang_printerpage}>" /></a> <a target="_top" href="<{$mail_link}>" title="<{$lang_sendstory}>" rel="nofollow"><img src="<{$xoops_url}>/modules/news/images/friend.gif" border="0" alt="<{$lang_sendstory}>" /></a>
 \news\templates\
 青文字を削除
 
 XOOPSのファイルアップ
 FFFTP 作業  ユーザー権限 ( 例: user1 ) で行う
 FFFTP で Webサーバ(Linux) の[ 例: DocumentRoot "/var/www/html" ] に接続し、Windows に作成した CMS をファイルアップする。
 ※ファイル数が多いので一度にUploadすると正常にできない場合がありますので、分割してUploadしてください。
 
 XOOPSのインストール
 Webサーバ  XOOPSのインストールについては、英語ページの説明しかない。以前に利用していた XOOPS Cube Legacy には、日本語ページのインストール方法が付いていたな~
 また、検索すると XOOPS Cube Legacy のインストールは数多くあるが、XOOPS 2.4.x は少ないな~

 
友達に伝える
投票数:101 平均点:6.04
カテゴリートップ
XOOPS
次
XOOPS 2.5.5 モジュール設定 (Fedora 18)