ログイン    
 + Register
ヒント/トップ  >  Windows  >  起動ディスク作成 Windows 95/98用

Windows95/98 起動ディスクの作成


  • ハードディスクがクラッシュした場合、フロッピーディスクから起動できるPC-DOSが必要になります。
    通常版のWindowsをインストールする時には、添付の起動ディスクから起動し、途中で起動ディスクの制作の問い合わせがあります。また、OEM版についても作成の問い合わせがありますが、作業を省いた場合でも後から作成ができます。

    Windows98の場合は、「スタート」ボタンを押し、「設定」メニューの中から、「コントロール・パネル」を選びます。「アプリケーションの追加と削除」をクリックします。
    ダイアログボックスが表示されたら、「起動ディスク」というタグをクリックします。「ディスクを作成」をクリックしてください。フロッピーを2枚用意して、後は画面の指示にしたかがってください。
    Windows95の場合は、「スタート」ボタンを押し、「プログラム」をえらび「アクセサリ」を選択します。その中にCreate System Diskというメニューがあるはずですのでこれを選択します。

    OEM版はCDブートができますので、CD-ROMドライブを使用することで起動ディスクを作成しなくても利用することができます。

作成の手順

(1)Windowsの[スタート]ボタンをマウスでクリックし[設定]を選びます。
サブメニューの中からは、
[コントロール パネル]を選択します。

   
(2)コントロールパネルが表示されますので、
[アプリケーションの追加と削除]を選択します。マウスをダブルクリックしてください。

   
(3)[アプリケーションの追加と削除のプロパティ]?「インストールと削除」
というダイアログボックスが表示されます。
これは主にインストールしたソフトを削除するときなどに用いますが、今回は
[起動ディスク]タグをクリックします。
   
(4)[アプリケーションの追加と削除のプロパティ]?「起動ディスク」

[ディスクの作成]をクリックします。
   
(5)棒グラフが表示され、作業経過が表示されますので、終了まで待ちます。
   
(6)フロッピーディスクをドライブにセットして[OK]をクリックしえください。
自動的にフロッピーをフォーマット(初期化)し書き込みを開始します。
   
(7)途中で止まり、2枚目のディスクをセットするよう指示が出ます。1枚目を取り出して、別のフロッピーをセットし[OK]をクリックしてください。
書き込み作業が再開されます。
   
(8)棒グラフが100%になると、グラフが消えて左の画面に戻ります。作成作業が完了したので[キャンセル]をクリックしてください。作業はこれで終了です。
作成したフロッピーには、ラベルを貼ってください。
友達に伝える
投票数:138 平均点:5.22
前
BIOS起動用ディスクの作成 (Windows2000編)
カテゴリートップ
Windows