ログイン    
 + Register
ヒント/トップ  >  Windows  >  BIOS起動用ディスクの作成 (Windows2000編)

BIOS起動用ディスクの作成 (Windows2000編)


起動ディスク作成 (Windows2000用)
 【1】 フロッピーを用意し、Aドライブに挿入します。

 【2】 Windowsからマイコンピュータを開きます。

 【3】 フロッピーディスクをフォーマットします。

「容量」、「ファイルシステム」、「アロケーションユニットサイズ」、「ボリュームラベル」
などは、そのままにして、「開始」ボタンをクリックしてください。
 
「警告」がでますが、「OK」ボタンをクリックしてください。
 
3.5インチのフォーマットが実行されますので、フロッピーを抜かないようにしてください。
 
3.5インチのフォーマットが完了すると、結果が表示されますので、「OK」ボタンをクリック
して、ダイヤログを終了します。
 
Windows2000では、起動ディスクを作成することができませんので、Windows2000
のCD-ROMに納められているウィルスチャック用のDOSシステムを使用します。
Windows2000のシステムCDから下記のフォルダを開きます。
開く場所は、「VALUEADD¥3RDPARTY¥CA_ANTIV」です。
この中の「MAKEDISK.BAT」を実行してシステムを作成します。
 
MAKEDISKを実行すると、DOS窓が開き、下記のようになります。
指示に従って、ドライブにフロッピーディスクを挿入し、何かキーを押してください。
このフロッピーの内容は、全て削除されますので注意してください。
 
MAKEDISKを実行が完了すると、作成されましたフロッピーを開き不必要なファイルを
削除します。
削除するファイルは、「COMMAND.COM」を除いて他のファイル全てです。
 
「COMMAND.COM」以外を削除します。
 
「COMMAND.COM」を除いた全てのファイルが削除されました。
このディスクを起動用に使用します。

 

友達に伝える
投票数:256 平均点:8.67
前
BIOS起動用ディスクの作成 (WindowsMe編)
カテゴリートップ
Windows
次
起動ディスク作成 Windows 95/98用