ログイン    
 + Register
ヒント/トップ  >  Windows  >  BIOS起動用ディスクの作成 (WindowsMe編)

BIOS起動用ディスクの作成 (WindowsMe編)


起動ディスク作成 (WindowsMe用)
 【1】 フロッピーを用意し、Aドライブに挿入します。
 【2】 コントロールパネルを開きます。アブリケーションの追加と削除を開きます。
 
【3】 「アプリケーションの追加と削除のプロパティ」の「起動ディスクの作成」タグを選択します。
 
「起動ディスク」タグの「ディスクの作成」を実行しますので、フロッピーを抜かないように
してください。
 
注意:フロッピーディスクの内容がすべて削除されます。
 
起動ディスクが作成されましたら、「アプリケーションの追加と削除のプロパティ」を閉じます。
WindowsMeで、起動ディスクができましたら、起動するのに必要なファイルだけ残して
いらないファイルを削除します。
WindowsMeの起動ディスクを開きます。
このままでは必要なファイルが見えないので、設定を変更します。
「ツール」の「フォルダオプション」を開きます。
 
「フォルダオプション」は、「すべてのファイルとフォルダを表示する」にチェックを入れます。
また、「登録されているファイルの拡張子は表示しない」のチェックを外します。
それと、「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない」のチェックを外します。
 
警告が表示されますが、このまま「はい(Y)」で進みます。
 
下記の4つのファイルを選択します。
「COMMAND.COM」「EDB.SYS」「IO.SYS」「MSDOS.SYS」の4つです。
ハードディスクの領域を再構築する場合は、「FDISK.EXE」が必要になります。
 
選択が完了しましたら、「編集」-「選択の切り替え」で4つ以外を選択します。
 
選択を切り替えましたら、「ファイル」-「削除」コピーが完了後の状態です。
 
31個のファイルを削除します。「はい(Y)」で進みます。
 
削除が終了したら、起動ディスクの完成です。

 

友達に伝える
投票数:168 平均点:7.14
前
BIOS起動用ディスクの作成 (Windows95/98編)
カテゴリートップ
Windows
次
BIOS起動用ディスクの作成 (Windows2000編)