ログイン    
 + Register
@勝手に備忘録/トップ  >  Android  >  Windows 8 用 Android SDK / Google USB ドライバー証明書
 

   

作成 2012年11月18日
更新 2013年02月25日

 

Windows 8 用 Android SDK / Google USB ドライバーについて

 

Google Android SDK 及び Google USB ドライバがインストールされていない場合は、下記からインストールしてください。

 

Google Android SDKのインストール説明 【 Windows編 】」はこちら

 
 

Google Android SDK の USB ドライバーについて

 

Windows 8 で Xperia Tablet S (SGPT123JP/S) を USB 接続してドライバーをインストールすると、認識されない。

エラーは、
「デバイス用のドライバーソフトウェアが見つかりましたが、このドライバーのインストール時にエラーが発生しました。
指定されたカタログファイルにファイルのハッシュがありません。ファイルが壊れているか、改ざんされた可能性があります。」

 

Google Android SDK で ADB 接続を利用する場合 USB ドライバーを認識させますが、ソニーからはWindows 8用の情報がありません。

Windows 7 では USB ドライバーを認識したのですが、Windows 8 では上記のエラー表示となりインストールができませんでした。エラー内容の「改ざんされた可能性」や強制的にドライバーを認識させたときに「このドライバーはデジタル署名されていません」と表示されることから「証明書」が関係していると思い、証明書を確認したら...やはり証明書がインストールされていないのが原因。

※Windows 8 インストール時は証明書のインストールが限られていて、通常はマイクロソフトに登録しているSSLサイトなどは開いた時に自動的インストールされますが、それ以外は手動で証明書のインストールが必要な場合があります。
 

 

証明書インストール後「Xperia Tablet S (SGPT123JP/S)」ドライバーのインストールはこちら

 

証明書インストール後「Sony Walkman Z」ドライバーのインストールはこちら

 

Google USB ドライバー証明書のインストール

androidwinusba64.cat

1.

Google Android SDKをインストールしたフォルダ内「\extras\google\usb_driver」を開き、
「androidwinusb86.cat」と「androidwinusba64.cat」のデジタル署名の証明書をインポートします。二つのファイルに署名されている証明書は同じなので操作はいずれか一方で良いです。

ファイル名を選択し、右クリックからプロパティを開きます。これから「4つの証明書」をインストールします。

※ここでは「androidwinusba64.cat」を例で説明します。

 

4つの証明書は「署名」と「副署名」のルート以下の「中間証明書」と「署名された証明書」です。

「署名」
VeriSign Class 3 Public Primary CA
 +VeriSign Class 3 Code Signing 2010 CA 「②中間証明書:#9→
  +Google Inc 「①署名証明書:#2→

「副署名」
Thawte Timestamping CA
 +VeriSign Time Stamping Services CA 「④中間署名証明書:#16→
  +Symantec Time Stamping Services Signer - G3 「③署名証明書:#12→

 

①署名証明書「 Google Inc 」のインストール

証明書 Top へ

2.

「androidwinusba64.cat」のプロパティから「デジタル署名」タグを選択します。

 ① 「署名の一覧」項目内の署名者名「 Google Inc 」を選択します。
 ② 次に「 詳細 」を押下します。

 
3.

「デジタル署名の詳細」画面

 ① 「 全般 」タグを選択します。
 ② 「証明者の情報」項目内の「 証明書の表示 」を押下します。

 
4.

「証明書」画面

 ① 選択した「Google Inc」証明書から
 ② 「 全般 」タグを選択します。
 ③ 「 証明書のインストール 」を押下します。

   
5.

「証明書のインポート ウィザード」

 ① 「証明書のインポートウィザードの開始」で、
   「保存場所」-「現在のユーザー」を選択します。
 ② そのまま「次へ」でインポートを実行します。

 
6.

「証明書のインポート ウィザード」

 ① 「証明書ストア」
 ② 「証明書の種類に基づいて、自動的に証明書ストアを選択する」を選択します。
 ③ そのまま「次へ」でインポートを実行します。

 
7.

「証明書のインポート ウィザード」の完了

 ① 「証明書のインポート ウィザードの完了」
 ② 「完了」を選択し、画面の指示に従います。

 
8.

「証明書のインポート ウィザード」

 ① 「OK」を選択し、「証明書のインポート ウィザード」を終了します。

 

②中間証明書「 VeriSign Class 3 Code Signing 2010 CA 」のインストール

証明書 Top へ

9.

次に上記「項目4」の「 Google Inc 証明書 」の証明書のプロパティから、

「証明書」画面

 ① 選択した「Google Inc」証明書から
 ② 「 証明書のパス 」タグを選択します。

 
10.

「証明書のパス」 画面

VeriSign Class 3 Public Primary CA
 +VeriSign Class 3 Code Signing 2010 CA
  +Google Inc

 ① 証明書階層から中間証明書「VeriSign Class 3 Code Signing 2010 CA」を選択します。
 ② 次に「 証明書の表示 」押下します。

 
11.

「VeriSign Class 3 Code Signing 2010 CA」証明書

「証明書」画面

 ① 「全般」タグを選択します。
 ② 「 証明書のインストール 」を押下し、実行します。

※この「証明書のインストール」のボタン表示がない場合は、既にこの証明書はインポートされていますので、この証明書のインストールは必要ありません。

※「証明書のインポート ウィザード」実行後は、上記#5~8と同じです。

 

③署名証明書「 Symantec Time Stamping Services Signer - G3 」のインストール

証明書 Top へ

12.

次に上記「項目3」の「 Google Inc 証明書 」の「デジタル署名の詳細」から、

「デジタル署名の詳細」画面

 ① 「 全般 」タグを選択します。

 
13.  ① 「 副署名 」項目を選択します。
 ② 副署名「 署名者名:Symantec Time ... 」を選択します。
 ③ 次に「 詳細 」を押下します。
 
14.

「デジタル署名の詳細」画面

 ① 「全般」タグを選択します。
 ② 次に「 証明書の表示 」を押下します。

 
15.

「証明書」画面

 ① 「全般」タグを選択します。
 ② 次に「 証明書のインストール 」を押下します。

※「証明書のインポート ウィザード」実行後は、上記#5~8と同じです。

※証明書の有効期限が「2013/01/01」で切れていますがそのまま利用可能。

 

④中間証明書「 VeriSign Time Stamping Services CA 」のインストール

証明書 Top へ

16.

次に上記「項目14」の「Symantec Time Stamping Services Signer - G3」証明書のプロパティから

「証明書」画面

 ①「 証明書のパス 」タグを選択します。

Thawte Timestamping CA
 +VeriSign Time Stamping Services CA
  +Symantec Time Stamping Services Signer - G3

 
17.

「証明書のパス」画面

 ①証明書階層から中間証明書「VeriSign Time Stamping Services CA」を選択します。
 ②次に「 証明書の表示 」押下します。

 
18.

「証明書」画面

 ① 「全般」タグを選択します。
 ② 次に「 証明書のインストール 」を押下します。

※この「証明書のインストール」のボタン表示がない場合は、既にこの証明書はインポートされていますので、この証明書のインストールは必要ありません。

※「証明書のインポート ウィザード」実行後は、上記#5~8と同じです。

 
 

インストールした証明書の確認

19.

以上で4つの証明書のインストールが終了しました。

インポートした証明書の確認は「コントロールパネル」-「ネットワークとインターネット」-「インターネットオプション」-「インターネットのプロパティ」から、コンテンツ」タグを開き、「証明書」を押下します。

※ほかの人
+Google Inc
+Symantec Time Stamping Services Signer - G3

  ※中間証明機関
+VeriSign Class 3 Code Signing 2010 CA
+VeriSign Time Stamping Services CA
 
  シグナル湘南は、本説明で紹介した製品についての保証を負いません。また、いかなる目的に使用する場合でも、市場性、品質、または適合性についての黙示的保証は負いません。本説明の記載事項は、予告なく変更することがあります。シグナル湘南は、いかなる人または機関に対しても変更をくわえる旨を通知する義務を負うことなく、本説明を改訂する権利を有します。
この説明を利用した事による利益・損害等は、シグナル湘南は一切責任を負いません。賠償責任など一切の責任は使用者が負うものとします。
転載および配布は禁止します。また、営利目的での配布、使用も禁止します。
 
 
 
 
友達に伝える
投票数:102 平均点:6.37
前
Google Android SDKのインストール説明 【 Windows編 】
カテゴリートップ
Android
次
Windows 8 用 Xperia Tablet S (SGPT123JP/S) Android ADB USB ドライバ設定