ログイン    
 + Register
@勝手に備忘録/トップ  >  Android  >  Sony Tablet S (SGPT112JP/S) 補助バッテリーからの充電について
 

    作成 2012年01月09日
更新 2012年02月12日
 

Sony Tablet S SGPT112JP/S 補助バッテリーからの充電について

  miniUSB からの充電に対応していないので、専用充電端子からの充電ですが、専用 AC アダプターの容量が10.5V / 2.9A となっています。
内蔵バッテリーは、SGPBP02 (3.7V,5000mAh,18.5Wh) のようです。

Google Pad : Sony Tablet S 分解
CNET : Sony Tablet S 分解
 
 

補助バッテリー 「XPAL Power XP18000M」

 


2011年4月に購入した「 XPAL Power XP18000M 」 の 10.5V / 2000mA 出力を接続しました。

※震災の影響で衝動買い...

 
 

Sony Tablet S 専用充電端子コネクター

 
Sony Tablet S 用のコネクターがまだ市販されていないと思います。そこで、専用 AC アダプター「SGPAC10V1」を併用することを考慮し、DC コネクターを中継用に利用することにしました。

※ AC アダプターに表示されているピンアサインが違っている。
  電圧の確認

専用 AC アダプター「SGPAC10V1」の無負荷時の電圧:DC 10.76V
  補助バッテリー「XPAL Power XP18000M」の無負荷時の電圧:DC 10.24V
 
 

千石電商で購入した部品

 
DC プラグ 極性統一#3 ストレートプラグ (@74円)
DC ジャック 極性統一#3 中継 (@105円)
 
 

専用 AC アダプター「SGPAC10V1」の改造

1.
任意の長さでコードを切断します。(ここでは、80cm 位で切断しました。)

※Tablet 側に接点が 4 つあるので、切断するまでは全て使用しているか不明でした。本体付属品では無く、別途購入したアダプターを使用。
2. AC アダプター側に「極性統一#3 DC プラグ」を半田付けします。
3. 本体側に「極性統一#3 DC ジャック」を半田付けします。
 
 

接続

  簡易接続

先ほど切断した専用充電端子に補助バッテリー「XPAL Power XP18000M」の出力 10.5V を接続し、負荷時の電圧を確認したところ、接続時に 10V を多少下回るが 10V 位でも Tablet S は充電モードでした。
  専用 AC アダプター「SGPAC10V1」10.5V / 2.9A を利用する時

※ストレートプラグと中継ジャックを接続します。
  補助バッテリー「XPAL Power XP18000M」10.5V / 2000mA を利用する時

(1) Tablet S 起動中でも充電モードとなり、フル充電が可能でした。
(2) SGPBP02 (3.7V,5000mAh,18.5Wh) を XP18000M (3.7V,18000mAh,66Wh) で割ると 3 回は充電できるのかな? 残容量 13% 位から電源オフ状態でフル充電しバッテリー表示 LED は 3/4 個点灯、余裕はまだあった。

※Sony Tablet S SGPT112JP/S への接続は、XPAL Power XP18000M の変換コネクター (NB07) と専用ケーブルを使用。
  補助バッテリー「XPAL Power XP8000M」を接続...

XP8000M 出力 12V / 3000mA を接続したが...
無負荷時の電圧は AC アダプターが DC 10.76V、XP8000M は DC 12.34V となっている。仕様では DC 9 ~ 12V となっているが、Tablet S との電圧差 +1.58V を通電しても大丈夫か...接続してみた!
Tablet S を起動した状態で接続したが、充電モードにならないのでプロテクトが掛かっているようだ。
 
 

その他 : 利用できそうな補助バッテリー

   

2012年02月07日購入

   ROSETTA MART : ポータブル充電器 PWB10000 
 容量:10000 mAh / 充電式リチウムポリマー電池
 出力:USB5V / 700 mA
 出力:5V, 8.4V, 9.5V, 10.5V, 12V, 16V, 19V / 2 ~ 3A
 サイズ:168 x 90 x 21.6 mm / 300g
  操作で電源投入はスイッチを3秒以上の長押しで電源のオンオフができるが、USB以外の電圧の切り替えは電源オンの状態からボタンを押すことで簡単に切り替える。
 「5V → 8.4V → 9.5V → 10.5V → 12V → 16V → 19V →5Vへ戻る」

機器に接続した状態でのボタン操作は注意が必要なのはもちろんだが、何らかの拍子にボタンにふれた場合も簡単に電圧が切り替えられてしまう、増して高電圧への送り切り替えとなっているので注意が必要。
 
   powertraveller : ポケットサイズバッテリー ミニゴリラ
 容量:9000 mAh , 3.7V / 充電式リチウムポリマー電池
 出力:USB5V, 8.4V, 9.5V, 10.5V(3A), 12V, 19V
 サイズ:150 x 83 x 14 mm / 265g
 
 

参考資料:EIAJ 極性統一 DC プラグ

   
ナンバー 外径 (mm) 内径 (mm) ケーブル側ジェンダー 対応電圧 (V)
#1 2.35 0.7 メス 3.15
#2 4.0 1.7 メス 3.15 ~ 6.3
#3 4.75 1.7 メス 6.3 ~ 10.5
#4 5.5 3.3 オス 10.5 ~ 13.5
#5 6.5 4.3 オス 13.5 ~ 18
 
  シグナル湘南は、本説明で紹介した製品についての保証を負いません。また、いかなる目的に使用する場合でも、市場性、品質、または適合性についての黙示的保証は負いません。本説明の記載事項は、予告なく変更することがあります。シグナル湘南は、いかなる人または機関に対しても変更をくわえる旨を通知する義務を負うことなく、本説明を改訂する権利を有します。
この説明を利用した事による利益・損害等は、シグナル湘南は一切責任を負いません。賠償責任など一切の責任は使用者が負うものとします。
転載および配布は禁止します。また、営利目的での配布、使用も禁止します。
 
 
 
 
友達に伝える
投票数:230 平均点:6.13
前
12V 出力の補助バッテリーから USB 5V / 2000mA の作成
カテゴリートップ
Android
次
無料 S/MIME 証明書の取得