ログイン    
 + Register
@勝手に備忘録/トップ  >  自作パソコン  >  Thermaltake VM400M1W2Z (V9 BlacX Edition) + GA-X58A-UD7 (2011)
      組込 2011年12月10日
 

ケース

Thermaltake VM400M1W2Z (V9 BlacX Edition)

※メーカーホームページ

     
  ※左面 ※前面・背面 ※右面
 
 
 

マザーボード

GigaByte GA-X58A-UD7

 

 

※販売終了

 
 

水冷キット

Corsair CWCH50-1

※製品ホームページ
  エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.54
イマドキ水冷と空冷事情
   
  ※ラジエーター

 
  リアファンにアダプターを付けて、ラジエーターの取付位置を上にずらして取り付け。
   
  メンテナンスホール  
  CPU クーラー用のメンテナンスホール位置は、GigaByte GA-X58A-UD7 に対応。
     
  バックプレート  
  CPUクーラーの取付は、Corsair CWCH50-1 付属のバックプレートではマザーボードに直接接触するのと何となくひ弱な為、Scythe LGA1366 Bolt Thru Kit のバックプレートを使用しました。
 
 

ビデオカード

玄人志向 GF-GTX480-E1536HD

  取付
※拡張カード長さ上限 315mm
 
 

3.5インチドライブベイ

 
  (1) アイネックス 2.5 インチ用の HDD リムーバブルラック ME-240 を取付ました。電源と SATA コネクターは、抜けやすいので注意が必要です。

(2) FD ドライブ(ltech FA404MX) を装着。
 
 

5.25インチドライブベイ

 
  (1) アイネックス 2.5 インチ用の HDD リムーバブルラック ME-240 を取付ました。電源と SATA コネクターは、抜けやすいので注意が必要です。

(2) FD ドライブ (ltech FA404MX) を装着。
 
 

フロントI/O

 

  フロントパネルの取り外しが簡単に行えますが、電源スイッチやリセットボタンがパネルと一体になっていないく、パネルを外すとスイッチがむき出しになり、パネルをはめる時に慎重にはめないとリセットスイッチが正しくセット出来ない。
  配線  
  デュアルベイドッキングシステムが搭載されているのは良いが、電源配線等が増えるので配線がゴチャゴチャになってしまう。
 
 

サイドパネル

  水冷キットのラジエーターを取り付けた為、側面のカバーと透明窓の取り付けビスが干渉した為、外しました。
 
 

電源

ENERMAX GALAXY EVO EGX1050EWT

 

ENERMAX GALAXY EVO EGX1050EWT  と GigaByte GA-X58A-UD7 では、大型の CPU クーラーを使用する場合、電源の EPS12V コードが短いと CPUクーラーに干渉するので 30cm 位の延長コードが必要なる。

 
 

構成

  ケース
電源
マザーボード
CPU
RAM
SSD
HDD
VGA
BD
CPUクーラー
モニター
Thermaltake VM400M1W2Z
ENERMAX GALAXY EVO EGX1050EWT 出力1050W
GigaByte GA-X58A-UD7
Intel Core i7-960 / 3.20GHz
Crosair CMT6GX3M3A2000C8 (2G x 3)
SATAIII Real SSD C300 CTFDDAC128MAG-1G1 / 128GB
SATAII HDS721075KLA330 / 750MB
玄人志向 GF-GTX480-E1536HD
BUFFALO BR-816FBS-BK (SW-5584)
水冷キット Corsair CWCH50-1
SONY TV KDL-32EX700 / Dell 2001FP
  FINAL FANTASY XIV BENCHMARK
  1920x1080
SCORE = 4799
LOAD TIME = 11033 ms
   
 
   
友達に伝える
投票数:55 平均点:6.73
前
Thermaltake VM400M1W2Z (V9 BlacX Edition) + GA-X58A-UD7 (2010)
カテゴリートップ
自作パソコン
次
Thermaltake VH800LBWS + GA-EX58-EXTREME